FC2ブログ

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・

  工務店三代目 社主くじはしの一期一会のナビゲーター   トップページ > 2010年10月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓のリフォーム?

2010 - 10/24 [Sun] - 14:46

最近、折込チラシの中に、リフォーム関連のものが増えています。


お気づきですか?

「住宅版エコポイントを利用して、リフォームをしてみようか」

とお考えの方も多いのでは?


ところで、

あなたは、リフォームについて、どれ位、ご存知ですか?

バリアフリーや、間取りを変える事?

いいえ、それだけではありません。

もしあなたが、今の生活に不自由を感じているなら、

リフォームについて自然と敏感になるでしょう。

常にアンテナを張っていますから、

情報をキャッチする能力が優れているんですね。


でもあなたが、あまり不便を感じていなかったり、

少しの不自由や不便程度を感じる程度であれば、

なかなか「改善したい!」とはならないものです。


同じように情報が流れていても、気づく人も気づかない人もいるわけです。


ここ最近、特に目につくのが、窓のリフォーム案内。

女性スタッフに聞くと、

皆、毎年冬は結露に悩まされているとのこと。

山梨や長野に住んでいた事があるスタッフは、

結露が凍って、窓が開かなくなり、

毎朝ドライヤーで、結露を溶かしたんだそうです。

だから「もっと前からこんなのがあったら良かったのに…」という気持ちで

今、窓のリフォーム案内のチラシを見ているそうですよ。


窓のリフォームをすると、結露を拭く手間から解放されるし、

カビの発生も防げるし、寒暖の差をやわらげてくれる。

騒音対策にもなります。

紫外線をやわらげてくれるもの、防犯対策を考えているもの…

デザインにも機能にも、いろんなものがあります。

でも、窓のリフォームなんて前からあったものなんですね。

不便と思いつつも仕方のない事、と思い、

情報を見過ごしていたのかもしれません。



今、リフォームを検討している方の半数くらいは、

窓改修を検討しているんだとか。

その理由は「温暖化防止への貢献」では無くて、

快適性や光熱費削減のためだそうです。

「地球の為に」とリフォームするほど金銭的余裕がある人は、

なかなかいないでしょうが、

快適性を求めた結果、我が家が地球に優しくなったら、ちょっと嬉しいですね。


週末のチラシの中に、リフォーム関連のものがあったら見てみてください。

「全室だと高いから、この部屋だけ、これにして…」と、

想像の世界に入るのも、結構楽しいものです。

新たな発見があるかもしれませんよ。


新しいアンテナを張ることで、キャッチできる情報の種類や量も増えます。

これって、結構大事なことです。



では、また。







兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト

返報性のルール

2010 - 10/14 [Thu] - 10:30

『返報性のルール』という言葉を聞いたことはありますか?

これは

『相手に何かをしてもらった時、

嬉しかったら、同等か、それ以上のことをしてあげないと気がすまない。

嫌な事をされたら、その人にそれ以上の仕返しをしてやりたくなる』

という人間の心理のことです。


アメリカの心理学者ロバート・チャルディーニの著書

『影響力の武器』で有名な心理テクニックだそうですが、

そんな名前は知らなくても、知らず知らずに実践していることですよね。


これを知っていると、

あなたの友人・家族・仕事の全ての場面で役立ちます。

子どもさんが友人関係で悩んでいたら、

「○○ちゃんが相手にそんな行動を取らせる態度を

とっているのかもしれないよ」

と、返報性のルールを説明してあげると、

ピンとくることがあるかもしれません。

優しさには優しさが返ってくる。

悪意には悪意が返ってくる、というものですから。


そして、これは住まいづくりにも役立ちます。

最近は、ネットで簡単に情報収集ができるようになりました。

ただ、興味がある範囲内なので偏った知識になりがちです。


そして、それをもとに数社で見積りを取って比べたり、

つくり手のアドバイスより、ネットの情報を信じて進める事があります。

ただ、自分が納得できる家を建てたいだけなのですが、

それがいつの間にか「少しでも安く」という観点で数社を競合させ、

金額だけで選ぶことになったら、いい家ができるとは思えません。


つくり手に対して

「儲けすぎないでよ。私達をだまさないでよ」

という気持ちを持っていたら、相手も

「私よりネットを信じるのか。お客さんのためにいい家を建てたいから提案しているのに」

と思ってしまいます。

コストダウンは大事なことですが、

それよりもあなたのことを十分理解してくれて

あなたの家族の夢にピッタリと合った家を作ってもらった方が

嬉しくありませんか?


いい家を建ててもらうために、自分を分かってもらうために、

まず「作り手の価値感が理解できるか」から始めませんか?

共感できたなら、

きっと自分の暮らしに合ったいい家を建ててくれると信じてます。



では、また。







兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

ぐっすり眠れていますか?

2010 - 10/07 [Thu] - 14:19

あなたは、毎日ぐっすり眠れていますか?

TVでは「不眠症」対策のCMが流れたり、

時々、特集が組まれたり。

「不眠症」という言葉は、すっかりお馴染みになりましたね。


「不眠症の定義」は

『夜間なかなか入眠できず、寝付くのに普段より2時間以上かかる入眠障害、

一旦寝付いても夜中に目が醒め易く、2回以上目が醒める中間覚醒、

朝起きた時にぐっすり眠った感じの得られない熟眠障害、

朝、普段よりも2時間以上早く目が醒めてしまう早朝覚醒、

などのいずれかの症状があること。

そしてそれが週2回以上、かつ少なくとも1ヶ月間は持続すること。

不眠のため自らが苦痛を感じるか、

社会生活又は、職業的機能が妨げられること、

などの全てを満たすこと』

とあります。

精神的なストレスや身体的苦痛のため、

一時的に夜間良く眠れない状態は

生理学的反応としての不眠であって、

不眠症とは言わないそうです。


これは、日本睡眠学界のホームページに記載してあった説明ですが、

一口に不眠症といっても「こんなにパターンがあるんだな」

と初めて知りました。


私が子供の頃は、夕方は薄暗く、

たっぷり遊んだ子供たちが急いで家に帰り、

スーパーは19時か20時には閉まって、

夜は真っ暗で、静かな世界が広がり、

「一日が終わる」と感じる環境でした。

遊び疲れた子供は、深夜まで起きることも無く、

人や車の動きが少なくなった町は、

街灯が寂しげに灯っていて…。


しかし今は、夜になっても町には活気があり、

TVは24時間に近いくらい放送が続き、

パソコン・ケータイが発達・普及し、

子供は夜も塾に通い、

大人は残業で疲れ果て…

すっかり眠らない社会になりました。

眠らせてくれない社会と言った方が正しいかもしれません。


そのため、眠りを追求する業界も、様々な提案をしています。

「熟睡感を感じられるベッド」

「睡眠を追及し、特化したホテル」

などなど。

「本当に多くの人が、ぐっすり眠りたいんだ」と感じます。


そういえば、

「快眠」をアピールした住宅会社は少ないですよね。

あなたは、

ご近所に、そんな会社があるかご存知ですか?

「省エネ住宅」とか「長期優良住宅」とか

家の機能のアピールは、よく見かけますが、

「自然な眠りに導いてくれる家」って、

体にも心にも、生活全体に優しそうだと思いませんか?


「今日も1日頑張った~。さあ、ぐっすり寝るぞ~」

と、眠るのが楽しくなる家って、いいですね。



では、また。







兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

規則正しい生活の本質とは?

2010 - 10/01 [Fri] - 10:19

今日は生活リズムのお話です。


夏休みや春休み明けや、連休明けのお子さんの様子を思いだしてください。

生活リズムが狂って、起床が遅くなっていたことはありませんか?

夜更かしできるからついつい…というのもあるでしょうが、

それだけではないようですよ。


あなたや、家族の体の状態を保つために

体内では「自律神経」が働いてくれていますね。

この自律神経は、1日のサイクルとも深い関係があります。


人間が起床し、活動を開始するときに、交感神経が活発化します。

また、夕方から夜になると、徐々に副交感神経が働き、

就寝前には内臓や筋肉が、疲労を取り除きやすい状態を作ります。


人間には「体内時計」が備わっていることをご存知の方も多いでしょう。

これは、1日を25時間としてリズムを刻んでいるとされています。

地球の自転とは1時間ずれていることになります。

それを調整しているのが朝の光です。

視床下部にある体内時計は、目から朝の光を取り込むことでリセットされ、

ズレを解消しているというのです。

そのため、昼夜逆転のような生活をしたり、朝日を浴びない生活を続けていると、、

体は疲れていて休みたいのに、休めない、といった状態になるのです。


また、ストレスでも自律神経は狂うので、新しい環境に身を置く子供たちとは

いつも以上に会話をして、ちょっとした変化にも気づいてあげることも大事です。


教科書改訂で学習内容が大幅に増えます。

しっかりと睡眠を取って授業に臨む子と、そうでない子では、どうしても差が開きます。

間取りが原因で、そんなことで悩むようになったら、

悔やんでも悔やみきれないですね。

だからこそ、家を建てる際には「朝日」のことも理解しておかないといけません。

でないと、新居に引っ越してから「なんだかいつもダルイ」といったことになりかねません。

最近は窓が小さい家もよく見かけますが、このことを知っていると、

あなたが選ぶ基準が、変わるかもしれませんね。


土地選びや、家を建てることは、家族の健康と密接なつながりがあります。



自然や季節の変化をしっかりと感じられて、健康的で居心地の良い家をつくるために

覚えておいていただけたら嬉しいです。



では、また。







兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

 | HOME | 

プロフィール

kazu5200

Author:kazu5200
@住まいの夢先案内所.com
代表のくじはしです。
このブログでは、わたしのプライベートのネタを更新中です。
ただし、
工務店のアラフォーおやじのブログなので、面白くないです。
それでもよかったら、
ご自由にどうぞ・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。