FC2ブログ

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・

  工務店三代目 社主くじはしの一期一会のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ぐっすり眠れていますか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐっすり眠れていますか?

2010 - 10/07 [Thu] - 14:19

あなたは、毎日ぐっすり眠れていますか?

TVでは「不眠症」対策のCMが流れたり、

時々、特集が組まれたり。

「不眠症」という言葉は、すっかりお馴染みになりましたね。


「不眠症の定義」は

『夜間なかなか入眠できず、寝付くのに普段より2時間以上かかる入眠障害、

一旦寝付いても夜中に目が醒め易く、2回以上目が醒める中間覚醒、

朝起きた時にぐっすり眠った感じの得られない熟眠障害、

朝、普段よりも2時間以上早く目が醒めてしまう早朝覚醒、

などのいずれかの症状があること。

そしてそれが週2回以上、かつ少なくとも1ヶ月間は持続すること。

不眠のため自らが苦痛を感じるか、

社会生活又は、職業的機能が妨げられること、

などの全てを満たすこと』

とあります。

精神的なストレスや身体的苦痛のため、

一時的に夜間良く眠れない状態は

生理学的反応としての不眠であって、

不眠症とは言わないそうです。


これは、日本睡眠学界のホームページに記載してあった説明ですが、

一口に不眠症といっても「こんなにパターンがあるんだな」

と初めて知りました。


私が子供の頃は、夕方は薄暗く、

たっぷり遊んだ子供たちが急いで家に帰り、

スーパーは19時か20時には閉まって、

夜は真っ暗で、静かな世界が広がり、

「一日が終わる」と感じる環境でした。

遊び疲れた子供は、深夜まで起きることも無く、

人や車の動きが少なくなった町は、

街灯が寂しげに灯っていて…。


しかし今は、夜になっても町には活気があり、

TVは24時間に近いくらい放送が続き、

パソコン・ケータイが発達・普及し、

子供は夜も塾に通い、

大人は残業で疲れ果て…

すっかり眠らない社会になりました。

眠らせてくれない社会と言った方が正しいかもしれません。


そのため、眠りを追求する業界も、様々な提案をしています。

「熟睡感を感じられるベッド」

「睡眠を追及し、特化したホテル」

などなど。

「本当に多くの人が、ぐっすり眠りたいんだ」と感じます。


そういえば、

「快眠」をアピールした住宅会社は少ないですよね。

あなたは、

ご近所に、そんな会社があるかご存知ですか?

「省エネ住宅」とか「長期優良住宅」とか

家の機能のアピールは、よく見かけますが、

「自然な眠りに導いてくれる家」って、

体にも心にも、生活全体に優しそうだと思いませんか?


「今日も1日頑張った~。さあ、ぐっすり寝るぞ~」

と、眠るのが楽しくなる家って、いいですね。



では、また。







兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://11sumai.blog42.fc2.com/tb.php/30-abae0168

 | HOME | 

プロフィール

kazu5200

Author:kazu5200
@住まいの夢先案内所.com
代表のくじはしです。
このブログでは、わたしのプライベートのネタを更新中です。
ただし、
工務店のアラフォーおやじのブログなので、面白くないです。
それでもよかったら、
ご自由にどうぞ・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。