FC2ブログ

失敗しない住まいづくりの秘訣!健康で楽しい生活が送れる家を手に入れるための判断基準をお伝えします。工務店、ハウスメーカーなどの建築業者選び、土地選びで最低限知っておきたい知識。毎日の暮らしをもっと楽しくするためのノウハウを子育て世代のあなたに・・・

  工務店三代目 社主くじはしの一期一会のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 建築業者の見分け方の一つとして  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築業者の見分け方の一つとして

2010 - 12/16 [Thu] - 13:25

こんにちは。

くじはしです。


例えば、アパートを借りる時…

エアコンの穴は開いていて、そこにカバーをしてありますね。

その穴を「スリーブ」と呼ぶのですが、

新築をした時は、

建築業者さんは穴を開けてくれないのが一般的だそうです。


「えっ。どうして?」

と、とても不思議でした。

いまだに納得できないのですが、

あなたは疑問に思いませんか?

一般的にはエアコンを設置する業者が、その場で開けるそうです。


どうしても納得でず、

以前展示場に見学に行った時、ハウスメーカーの営業さんに

「エアコンを、いずれ全室に付けたいと考えていますが

穴だけ開けておいていただけるんですよね?」

と聞いてみました。


すると

「いいえ。当社では開けていません。

他の会社に行かれても同じだと思いますよ。

普通は設置する業者が、その場で開けます。

でも、気をつけないと『筋かい』という、

大事な柱に穴を開けてしまうこともあります。

実際に、当社のお客さんにそんなことがあって、

保険に対応できなくなる、と問題になった事があります」

と言われました。

「じゃ、余計にそちらにお願いしたほうがいいじゃないですか」

と言うと、

「いえ、会社の方針ですから」

…釈然としませんよね。


ベテランの設置業者なら大丈夫かもしれませんが、

経験が浅い人が穴を開けたら?

中の断熱材がずれない?

ほんの少しでも隙間があったら、雨が入るでしょ?

構造材に穴を開けたら、どう対応させたらいい?

と「???」で一杯になりました。

どうやら、そう思ったのは私だけではないようで、

友人も

「どうして開けてくれないの?

今どきエアコンを使わない家は無いでしょう」

と思ったそうです。

あなたはそう思いませんか?


エアコンの機種によって穴の位置が少し異なることが

理由の一つだそうです。

でもいずれ買い換えるのだから、

標準的な位置でいいのに、とも思います。

ただ、多機能な機種はスリーブの直径は

通常より大きいこともあるそうですから、

どんな性能を持ったものを、どこに設置したいのかは、

家族でじっくり考えておかないといけませんね。


しっかりとした高気密高断熱の家をつくっている業者さんは、

後から開けることはないのです。

気密性を確保するためには、

どうしても、工事中に穴を開けるしかないからです。


ということは、高気密高断熱をアピールしておいて

「後であなたたちで開けて下さい」

という業者は、信頼できませんよね。


あなたが高気密高断熱の家を建てる予定なら、

これは、いい業者を見分ける良い方法のひとつといえます。

試してみて下さい。



では、また。






兵庫県 工務店|家を建てるなら @住まいの夢先案内所.com

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://11sumai.blog42.fc2.com/tb.php/36-f413ed60

 | HOME | 

プロフィール

kazu5200

Author:kazu5200
@住まいの夢先案内所.com
代表のくじはしです。
このブログでは、わたしのプライベートのネタを更新中です。
ただし、
工務店のアラフォーおやじのブログなので、面白くないです。
それでもよかったら、
ご自由にどうぞ・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。